部署紹介

看護部の組織

看護部は、病棟部門と外来部門からなります。

病棟部門

  • 東3病棟:地域包括ケア・産科
  • 東4病棟:外科・整形外科・皮膚科・内科・循環器内科・泌尿器科
  • 東5病棟:地域包括ケア

外来部門

診療各科:内科・循環器内科・外科・産婦人科・小児科・泌尿器科・眼科・整形外科・皮膚科・脳神経外科・耳鼻咽喉科・麻酔科(12科)

手術室:手術室・中央材料滅菌室

内視鏡室・もの忘れ外来

看護体制

病棟:10対1看護(東4病棟)・13対1看護(東3病棟・東5病棟):3交代制勤務

 

日勤

準夜勤

深夜勤

勤務時間

8時30分~17時15分

16時30分~1時15分

0時30分~9時15分

勤務人数
(各病棟)

10~15人

2~4人

2~3人

外来:2交代制勤務

 

日勤

当直(平日・休日)

勤務時間

8時30分~17時15分

16時30分~翌日9時00分

勤務人数

診療科別

2人

 

手術室の紹介

手術室:手術室・中央材料滅菌室

看護師7名、准看護師1名、看護助手2名にて構成されています。手術室は3部屋にて稼働しており、外科・整形外科・泌尿器科・眼科・産婦人科・皮膚科の計6診療科が曜日毎に手術を行い、年間約800件の手術を行っています。特に、各診療科ともに低侵襲な内視鏡下手術が年々増加しています。
手術室看護師は、PMT外来(周術期管理チーム外来)から、手術患者に関わり、周術期看護の向上に努め、患者様が安全・安楽に手術を受けてもらえるよう日々精進しています。

キャプチャ.PNG