整形外科

写真:ギブス室 当院整形外科は、常勤医師3名で診察を行っています。外来診察は月曜から金曜(祝日及び年末年始は除く)、手術日は月曜・水曜の週2回です。手術内容としては、半数以上が手・足の病気、四肢骨折に関するものですが、特に手・足の手術は専門医により実施され、県内では最も信頼される良好な治療結果が得られています。手足のシビレの末梢神経の手術、外反母趾、リウマチによる足の変形を治す手術も安全で、優しい手術操作で行われています。高齢者の人工関節置換術(膝・股関節)も実施しており、術前2~3回(週1回)の自己血貯血に始まり、手術後、早期リハビリにより3~4週間での退院が可能です。また、腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニアでは、和歌山医大脊椎外科専門医による手術を患者様の希望によりを施行しています。こちらは約1~2週間程度の入院にて日常生活復帰可能であり、両者とも術後患者様の満足度の高い良好な成績を得ています。

診療担当医

整形外科医師

谷口 亘(たにぐち わたる)

補職名 医長
経歴

大阪医科大学卒
和歌山県立医科大学大学院修了

認定資格 医学博士
日本整形外科学会認定整形外科専門医
日本整形外科学会認定リウマチ医
日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
日本人工関節学会認定医
専門分野 関節外科(股関節、膝関節)

曽根勝 真弓(そねかつ まゆみ)

補職名 医長
経歴

和歌山県立医科大学卒

和歌山県立医科大学大学院修了

認定資格 医学博士
日本整形外科学会認定整形外科専門医
和歌山ACLSインストラクター
JATECインストラクター
専門分野 股関節外科(人工股関節置換術など)
エコーガイド下ブロック注射
疼痛医学分野

村田 顕優(むらた あきまさ)

補職名 非常勤医師(和歌山県立医大)